北大短歌第五号/初谷むい

山田航さんの歌を読んでから、札幌の街が山田航色に染まっていて街歩きが楽しい。
北大短歌第五号の続き。

初谷むいさん。連作30首が愛の歌だ。


水槽が聞こえるベッドが与えられ夜は飼われる側の生活


夜の水槽は確かに、見るものではなくて聞くものかもしれない。「ベッドが与えられ」恋人のアパートか。しかし彼女は恋人ではなく、水槽に飼われている気がする。


愛すって送られてきてアイスかあわたしも行くって返信をする


愛すじゃなくてアイスかあ。メッセージを送った側に何か意図はあるのかどうかはっきりしないが、初谷さんは会いに行く。

ばか高いTシャツ欲しくて、やめたけど、きみとはだかで暮らしたいけど

私が知らなかっただけで、初谷むいさんは既に短歌界のアイドルかもしれない。テレビ界のアイドルは恋愛を禁止だから、初谷さんが短歌界にいる人でよかった。

こわがってカモメ わたしたちたくさんの暴力知ってあなたを見てる

連作の中で一番気になった歌。カモメには自分たちの本当の姿が伝わる気がする。「わたしたちたくさんの暴力知って」。暴力、人には言えないこと、を知らなかったわたしたちにはもう戻ることができない。知るということは失っていくことだ。

酔いながらきみを見つける水中で唾を吐いたらきれいだろうか

初谷さんの歌は視点が突然ひっくり返される心地よさがある。
しかし、きみの立場からすると3句目から視点が自分でははなくて水中に吐かれるであろう唾なので、初谷さんはとらえどころのない、むしろ困った人と言えるだろう。

もっと初谷さんが相手を刺したり刺されたり(比喩です)な歌も読んでみたいので、彼女の他の歌も探してみようと思います。
[PR]
# by ayusham | 2017-07-14 21:31 | 歌評 | Comments(0)

北大短歌第五号/山田航

文フリに行って北大短歌第五号をゲットして来ました。

ページをぱらぱらとめくると、どうしても最初に目に留まる山田航さんの連作12首から、気になる歌をいくつか。

夕暮れの南5西2 生ゴミのボヤが鎮まるゲリラ豪雨で

私は地名が入っている歌が好きで、自分でもよく読む。札幌の人は何条の東西いくつ、で大体その辺りの雰囲気が分かってしまうんだろうな。南5西2でキスをする、ではなくて生ゴミのボヤが鎮まるところに生活感を感じる。

早苗田に立つ鉄塔を何本も見送りちょっと遠くに行こう

電車だろうか、ドライブだろうか、作者も季節も動的な感じ。

なあそんなとこにタトゥーを入れんなよ太って間延びすんだろどうせ

完璧な二人になんてなれないや死ななきゃだいたいハッピーエンド

晴れどきどき紙飛行機の金曜日もうちょっとがんばれるよ僕ら


ここまで読んで、あれ、タトゥーを入れようとしてる人、完璧な二人、もうちょっと頑張れる僕ら、もしかして相手は作者と同性の仲間だろうかと思った。
体の変な部位にタトゥーを入れようとした時、「なあそんなとこに入れんなよ」と言えること。
ぎりぎりで墜落しない紙飛行機の週末。
火花の徳永と神谷みたいに、生きている限り人生にバッドエンドはないと言える関係を想像してしまった。
[PR]
# by ayusham | 2017-07-10 20:41 | 歌評 | Comments(2)

ラベンダースティック

夫の恩師であり、私の大先輩でもあるHさんのお家に遊びに行く。

f0215198_4234249.jpg

f0215198_4235339.jpg


編み物でも、ラベンダースティックでも、コツがつかめるのは3回目からだな。
[PR]
# by ayusham | 2017-06-03 04:29 | ハンドメイド | Comments(0)

できるだけ高く跳んでみるけど

就職活動。職場の公募だった。

新しい公募は迫る予め自分の中に締切を作る
付け足して圧縮しては付け足して誰が読みしか我の履歴書
初めから特別賞は見えているできるだけ高く跳んでみるけど
今週の星占いのアドバイス開き直りを大切にせよ


面接に模擬授業もあった。
模擬とはいえ、あれこれと考えて授業を組み立てるのはやはり楽しい。
ビエンナーレ初日のゲートに梔子がつぼみをつけていたので、教材に使う。

f0215198_6165192.jpg



f0215198_635893.jpg
[PR]
# by ayusham | 2017-05-30 06:02 | 仕事のこと | Comments(0)

十七年目の結婚記念日

f0215198_19431065.jpg


ジム通いと家族行事に埋(うず)もれて十七年目の結婚記念日
日々の筋トレも結婚生活も現状維持が何より大事
アントニオ・ビバルディの奏でし春は重いコートをまだ手放せず
どちらかが先に逝ったらと君は言うコープの帰り雨の小路に
君逝かば猫を三匹飼うだろう三匹に君の名を付けるだろう


San Giacomo dell'Orio にあるレストランでは、カンノーロを初めて食べた。
カンノーロは今まで、きっと甘すぎると思って食わず嫌いでいたのだ。
夫と半分にして大事に食べていると、まるで私たちは恋人同士のようであった。

レストランでは女店主と、古い共通の友人の話をした。
友人は糖尿病と腎臓病と鬱を患っており、メッセージを送っても滅多に返信は来ないのだが、今一緒に通ったレストランに来ているよ、と送ったらすぐに返信が来た。
このレストランはずっと続くといい。
[PR]
# by ayusham | 2017-05-11 18:38 | 日々のこと | Comments(2)