コルティーナ山歩き

コルティーナは周りをドロミティの山々に囲まれた、すり鉢状の谷底に位置する標高1200メートルの小さな街。
f0215198_22535648.jpg

青い山塊は大昔は海底だったそうで、だから海の生物の化石が見つかるそう。
f0215198_22543078.jpg

リフトで3000メートル級の山にも登れるそうなのですが、5月の山はシーズンオフで残念ながらリフトは休み。幸いコルティーナはハイキングコースが充実していて、ホテルの人に家族向けのコースを教えてもらったので、
f0215198_225508.jpg

ベビーカーが入れるところまではベビーカーを押して入れないところは夫が息子を担いで歩きました。
f0215198_22565691.jpg

山小屋目指して、歩く、歩く。
f0215198_22571788.jpg

山の上の方には雪が残っていました。
f0215198_22575548.jpg

あっ、確かに向こうの山のてっぺんまでリフトが伸びています。

残雪の隣で健気に咲いていたクロッカス。
f0215198_2258266.jpg

山歩きをしていて、毎日の生活で土に飢えていると感じました。
ヴェネツィアでは小さな鉢植えに種と土を買って来て緑を育てていますが、
本来植物ってたくましくて、お日様と大地があれば放っておいても生えてくるものなんですよね。
[PR]
by ayusham | 2008-05-05 22:51 | 旅行
<< 緑の向こうのヴェネツィア S.Giorgio Maggiore >>