トスカーナの休日 その2

近所のルイージさんの農家へ。この看板は近所のよしみでカミッラが作ったのだそう。
f0215198_6165152.jpg

春の農場は動物の赤ちゃんがいっぱい。昨日生まれたばかりだという子牛の赤ちゃんも撫でることができた。ルイージさんは子ども好きで、子ども達をトラクターに乗せて農園を走ってくれた。
f0215198_6194055.jpg

f0215198_620424.jpg

ルイージさんの農家はアグリツーリズモもやっていて、宿泊・食事もできる。
食材は全て自家製(今時ここまで正直にやっているアグリは珍しいそう!)
f0215198_621068.jpg


観光地をぐるぐる回るには、まだ子どもが小さくて難しいし、自然の中でのんびり過ごしたいという私達にはぴったり。次回はこちらにお世話になりたいな。
f0215198_622753.jpg



男同士、子ども同士が話し、遊んでいる間に、カミッラと話す。家族、結婚(彼らは17年同棲し、非婚)、宗教のこと、・・・今までカミッラとはヴェネツィアでしか会ったことがなく、いつもbattuta(冗談)を言って気さくな、でも掴み所のない印象があったけど、彼女の仕事や暮らしぶりを見ていると、おおらかでありながら、冗談は照れ隠しで、とても繊細な人なのかもと感じた。
両親は私を愛情いっぱいに育ててくれたけど、彼らの価値観に縛られたことがなかった、いつも信頼されているのを感じていた、と言う。カミッラを育てた環境~、暖かい家族、コルトーナの街を見て、なるほどね!と思う。

f0215198_6241328.jpg

帰り道、偶然「トスカーナの休日」の原作者フランシス・メイズさんに会った!
f0215198_6243837.jpg

あなたに会えて嬉しい、昨夜もあなたの本を読んでいました!イタリア語訛りになってしまう英語で挨拶する。

彼女は「それは嬉しいわ!コルトーナを楽しんでね!」と応えてくれた。
あっさりとイタリア語で(笑)
[PR]
by ayusham | 2009-05-06 06:15 | 旅行
<< シェルモチーフのボレロ トスカーナの休日 その1 >>