ヴェネツィアを守る

高校時代バイトしてた地元図書館の館長は、「図書館が静かな場所であってはならない」と「静かに!」の注意書きを全部はがしてしまう人だった。
だから私も来館した小学生と自由研究の本を一緒に探してお喋りしたり、定期的に来る子育てサークルの読み聞かせにお客さんとして参加してげらげら笑ったりした。
楽しい図書館だった。

ここヴェツィアにも同じように静かにする必要のない子供図書館があって、国は違っても同じ場所があることにびっくりした。一言も「静かに!」と言われることなく、小さな息子をカーペットに転がしながら本を選んだ。日本の絵本でヴェネツィアの子供達に文庫もしたし、「ヴェネツィアは昔から異文化の交差する街だから」と司書のジョヴァンナさんには日本語図書まで購入して頂いた。

その子供図書館が今、本土移転の危機に瀕している。
昨年末、開館時間が月~木曜日までは午前中のみ、金土日は終日閉館と変更されたのを知った時、既に嫌な予感はしていた。子供図書館なのに放課後いつも閉まっている。

近年ヴェネツィアはベネトングループに買収された旧ドイツ商館(旧中央郵便局)がショッピングモールになったり、お洒落なカフェが次々オープンしたりしているけど、残念ながらそれらは市民の為の場所ではない。

市内で働くことで、職場と生活圏が重なることを心配したが、それも杞憂だった。
イタリアの普通の大学生は、ヴェネツィアで自由に遊ぶお金なんてないのだ。スーパーで買い物さえしない。ヴェネツィアの家賃は軽く一月分の給料を超えるから、学生数人で本土のアパートをシェアする。学生はアパートから持ってきたパスタ弁当を校舎の階段でつつましく食べる。

...誰の為の街なんだーーー!

このまま黙っていることもできないので、みんなで図書館移転反対の署名活動をすることにした。
今まで市内で図書活動をする人達と話したことがなかった。
ヴェネツィアを守る。もうuna foresta(外人)ではなくヴェネツィア市民として。
[PR]
by ayusham | 2017-01-28 06:48 | 日々のこと | Comments(0)
<< メソポタミアへの旅 韓美林全球巡展 >>