メソポタミアへの旅

息子が学校でメソポタミア文明を習い終えたところ、ちょうど近所で企画展が始まり、子供向けのツアーもあったので、家族で足を運んできた。
f0215198_02101010.jpg

楔形文字は葦を切ったもので書かれていたことは知っていたが、いまいちピンと来ていなかった。百聞は一見に如かずだ。
お月見で供えるススキのような柔らかいものではなくて、葦は直径2-3センチの、建築材にも使われたような丈夫なものを使う。

三角と半円に削った両端と、持ち手の三辺を使って、粘土板に押し当てていく。
沖積平野のメソポタミアには、粘土板の材料である泥土だけはそこらじゅうにあったのだろう。
f0215198_05213224.jpg

くるくる判子(円筒印章)のコーナーが面白かった!
f0215198_02115342.jpg

くるくる判子はシュメル時代初期には封印に、後代では契約に使われた。判子には所有者の名前や肩書と共に、ユニークな図柄が彫られた。図柄や素材に厄除開運の意味を込めていた辺りが、日本の実印の扱い方と通じる気がする。
そしてこの図柄、時代ごとに王様、セックス、闘争、神話、饗宴など流行があった。

饗宴をモチーフにしたラピスラズリの判子には、大きな甕にストローを刺してビールを飲む人々が彫られていた。
「楽しくなること、それはビール。嫌になること、それは軍事遠征。」(シュメル人の諺)
ギルガメシュ物語のエンキドゥもビールを飲むことで人間らしくなり、文明人としても認められたのを思い出した。
シュメル人には五千年後の現在のイラク、見せられないな。。。

ツアーの後の、ラボラトリオ。粘土でアクセサリーを作る。
f0215198_02104490.jpg

シュメル人は男性も装飾を身に付けたそうだ。
f0215198_02110598.jpg

この企画展、春までやってるので、また行くつもり。
[PR]
by ayusham | 2017-01-30 02:09 | 日々のこと | Comments(0)
<< 釧路旅行~ジリは続くよどこまでも ヴェネツィアを守る >>