極東映画祭2017その3



「昼顔」☆☆☆
ドラマを観たから映画はいいか、と思っていたが映画はドラマの続編で、秘密の逢瀬の別れから3年後の二人。「初対面じゃあるまいし、上映開始1時間10分過ぎてやっとチューか!」とイタリア人達はツッコミを入れていた。会場の上戸彩さんは妖精のように可愛かった。



「SCOOP!」☆☆☆☆
ベテランパパラッチ(福山雅治)と新人パパラッチの笑いあり涙ありのアクションラブストーリー。文春砲が撃たれるまでのストーリーが面白い。リリー・フランキーさんが本物の麻薬常習者に見えた。福山さんの下ネタが観客にうけていた。



「ぼくのおじさん」☆☆
山下監督の最新作。原作は北杜夫の児童文学。う~む、有名になってしまうと業界からの縛りが出てきて、監督のの感性だけで作品を作るのは難しくなってしまうのか。しかしイタリアでは会場に監督と出演者、作品に子役と猫が出で来ると観客の反応がよくなる。



「Seclusion」☆
フィリピンの宗教ホラー。深夜上映だったのでみんな代わる代わる寝落ちしてしまったが、教会の悪魔少女が神父達に悪魔の洗礼をして、村中が悪魔化したらしい。私が観た時は聖母像や登場人物がみな口から真っ黒な液体を吐き出していた。日本人にとっての髪が伸びる菊人形とかそんな怖さかもしれない。



「PとJK」☆
少女漫画を実社化。警察官と女子高生のラブストーリー。観客席から退出者続出で拍手もなかった。こういう作品を海外の映画祭に持ってくるのはどうなのか。フリッパーズギターと脇役の江口のりこさんはよかったけれども。
[PR]
by ayusham | 2017-04-27 22:47 | 本・シネマ | Comments(0)
<< プリマコムニオーネ(初聖体拝受式) 極東映画祭2017その2 >>