カテゴリ:日本( 33 )

2014日本の夏

今年も日本へ里帰りしてきました。この春ヴェネツィアから日本への直行便が就航を開始し、ぐっと日本が近く、体力的にも楽になりました。

ヴェネツィアでも暑い暑いと言っていましたが、日本の猛暑は逃げ場のない暑さですね。なんと暑さでタブレットのゴムが伸びてしまいました。

f0215198_603573.jpg

今年も子ども達の体験入学、いろいろなお出かけをしました。その中でも、いとこ達と松島水族館へ行くのは今年が最後です。太平洋戦争、東日本大震災を乗り越えたみんなの思い出いっぱいの水族館はもうすぐ仙台新港へ引っ越しです。


ヴェネツィアへ戻って郵便ポストを覗いたらアパートのお客様O様から私達家族へ素敵なプレゼントが入っていました。日本の家族や友人と離れて気持ちがしゅんとしていたところでしたが、もうしばらく日本にいる心地ででリラックスできそうです。Oさん、ありがとうございました!
[PR]
by ayusham | 2014-08-18 06:02 | 日本 | Comments(0)

さよならカモメ

f0215198_2364027.jpg

f0215198_23131042.jpg

f0215198_23133499.jpg

f0215198_23145852.jpg

f0215198_23151835.jpg

f0215198_2315362.jpg
f0215198_23154857.jpg
f0215198_2316658.jpg
f0215198_2316416.jpg
f0215198_2317390.jpg


ああだから嫌だったんだこの街の浜ヤンキーの便所さんだる
ああ浜ヤンキーも二児の父となり大根二本子らに抜きたり
さよならこの街のカモメ来年はえびせん持って浦戸へ行こう

[PR]
by ayusham | 2012-07-22 23:17 | 日本 | Comments(0)

こけしは語る

今日はtonkoidさんに会いに福島市へ。
tonkoさん、Mさん、楽しい時間をありがとうございました♪

本線の白石越へて車窓より路肩に生えしわさっといふ青
まるで別世界のやうね柚子味噌の飯と山菜コロッケを食む
我に似し鳴子こけしの微笑みをヴェネツィアの家に持ち帰りたし
福島で変へてゆくもの守るもの奈良美智のこけしは語る
福島市中合デパート喫茶店計器二台とモンブラン並ぶ
モンブランに添へられたる桑の実はお母さんへと取り分けられり
欲しひのは核兵器なのださうなのだモンブランつつき夕暮れの来る

[PR]
by ayusham | 2012-07-19 21:40 | 日本 | Comments(6)

除染

部屋中を測量計で測ること実験のごとく何か明るい
あれもこれも切ってしまおう熊ちゃんの大すきだったブラックベリーも
この庭を埋めてしまうこと出来ずゐて誰が、どうして巨大ひまわり
さんだるの裏をじゃあじゃあ洗ひつつ考えている日本国憲法
けらけらと「こっちはすごい雨よ」って私も雨に打たれたくなる

(帰宅後、母より電話)

10年前に他界した祖父の遺影が、しょんぼりした白黒の写真からにっこり笑ってるカラー写真にリニューアルしていた。
父の実家が津波に飲まれ、家族がせめて故人の位牌と遺影だけでもと必死に瓦礫を探していたところ祖父の遺影が出てきて、ボランティアさんに写真のクリーニングをしてもらったら、なんと泥だらけの写真の後ろから綺麗な写真が出てきたそう。
遺影にするにはにっこり笑い過ぎてるねえ、と当時却下された写真らしい。
みんなで笑っちゃったそうです。
[PR]
by ayusham | 2012-07-18 21:54 | 日本 | Comments(0)

祭前夜

悲しみの底にいる人に会いにゆく電車の中吊りただ風に揺れ
借りてきた言葉なんかで誤魔化して泣くのはよそうただ側にいる
「ほうたるとひとつ息してゐたりけり」押入れの中暗闇作る
(のんちゃんママより螢カード届く)
震災の年に生まれしのんちゃんの髪クル・クルリ二度目の夏だ


f0215198_22382666.jpg

みなと祭前夜祭花火。花火もいいけど花火待つ人たちもよかった。
[PR]
by ayusham | 2012-07-15 22:47 | 日本 | Comments(0)

駒草が咲いた

両親と蔵王温泉に行ってきました。

「震災直後は怖いものみたさで関東からお客さんがいっぱい来たのですが、今は、、、」
この一年、宿のオーナー家族は麓の自宅には殆ど帰らず、標高1100メートルの職場に寝泊まりし、家族総出で働いているのだそう。子ども達はうちの子達と年齢も近いのに、すごくしっかりしていた。

あちこちで震災後の生活を耳にする。被害の範囲が広すぎて被災者が誰なのか分からなくなる。
それぞれの痛み、強さ、あったかさに触れる。ずっと覚えていたいと思う。

f0215198_148764.jpg

f0215198_14114593.jpg

f0215198_14143151.jpg

f0215198_14255123.jpg

f0215198_142749100.jpg


蔵王町原尾はパラオの地を負いて薪(まき)割る男の背中たくまし
夕暮れに螢見にゆくサンダルでアルペン踊りの歌うたいながら
残雪の不忘平に咲いている駒草みたいな家族の時間

[PR]
by ayusham | 2012-07-10 13:22 | 日本 | Comments(2)

2012おくのほそ道

f0215198_22332158.jpg

f0215198_22342836.jpg

f0215198_2235661.jpg

f0215198_22361442.jpg

f0215198_223739.jpg



コンクリに固められつつ沖の石人は知らねえwifiスポット
思い出は塩竃(ここ)で作っていくと言う薄化粧した石巻の女(ひと)
帽子脱ぎシャッターチャンス待ちつけば吾子立ち来ゆる壺の碑(いしぶみ)

[PR]
by ayusham | 2012-07-05 22:05 | 日本 | Comments(2)

マリンピア

マリンピア松島水族館へ。
震災でメリーゴーランドに動かない木馬があったり、施設も昔のまんまで老朽化が進んでいたりだったけど、少しずつ元の松島を取り戻しているようで「がんばれ松島!」でした。県外からの観光客も多かったです。

f0215198_2272654.jpg

f0215198_2285440.jpg

f0215198_229536.jpg

f0215198_22105867.jpg
f0215198_22115665.jpg


霧雨のアストロジェットおんちゃんの「三分間だけしゃっこいからね」
ひろみちゃん?と声をかければ売店で塩ラーメンにチャーシューがつく
ゆうらりと海月(ブルージェリー)の影揺れて閉館まぎわの水族館に

[PR]
by ayusham | 2012-07-03 22:28 | 日本 | Comments(3)

夏越の大祓@塩竈神社

友人と夏越の大祓に行ってきました。
半年分の穢れをお祓いし、残り半年を無事に過ごす為の儀式です。
f0215198_19523434.jpg

f0215198_19554514.jpg

f0215198_19582253.jpg

f0215198_2011631.jpg

f0215198_202321.jpg

みんなで歌を唱えながら茅輪をくぐります。
f0215198_2031016.jpg

f0215198_2061220.jpg

f0215198_207269.jpg


頬に風 進行方向二両目で手を振る君と塩竈へゆく
久しぶりって言える気軽さ下馬駅のごつごつ石に揺られて行けば
生きている喜び君と分かち合う二百二段も茅輪(ちのわ)くぐりも

[PR]
by ayusham | 2012-07-01 20:07 | 日本 | Comments(2)

セブンビーチ

母が泣いてしょうがないから、住宅跡地の方にカメラを向けないようにしていた。
海ばかり写っていた。

f0215198_1359195.jpg

f0215198_140537.jpg

f0215198_1421490.jpg

f0215198_1432748.jpg

f0215198_144487.jpg


うみ・ひと・まち 海岸線のドライブの風にねじれたよなガードレール
壊滅と言われし浜で若者は次の波待つその心地我も
防空壕とう言葉を知らぬ子と祖父母の墓に花を供えり

[PR]
by ayusham | 2012-06-30 14:06 | 日本 | Comments(1)