カテゴリ:仕事のこと( 2 )

誰が見ていなくても

松谷みよ子さんの児童書が好きだ。
モモちゃんシリーズはちょっとクラシック過ぎるのかな、同年代で共感してくれる日本人ママはいないよね、と思っていたら、なんとお隣に住むイタリア人Aさんがモモちゃんシリーズをイタリア語に翻訳出版していた。

...というのは10年ほど前のエピソード。
あれからお互いに人生の波を乗り越え、未来へのささやかな希望を語り合い、彼女はかけがえのない友人に、そしてかけがえのない仕事仲間となった。

ある日、私はAさんに
「学生がこんな面白い翻訳をしてね、同僚とみんなで笑っちゃったよ」
と話した。

彼女は決して一緒に笑おうとはしなかった。
「翻訳を笑うなんて、失礼なことだと思わない?」
「あら勿論、学生本人の前で笑った訳ではないよ」
同僚も慌てて「どういう解釈でこんな翻訳になったのか、私たちは話し合ってたの」と言い訳したが、Aさんは続けた。
「本人がいようといまいと、誰が見ていなくても、私はそういうことは絶対にしないと決めているの」

Aさんが信頼できる人だって、改めて思うのはこんな時だ。
真剣な回答、真剣な相談を、見えないところで嘲笑するなんて人として最低だ。
彼女の友人でい続けるのに、恥ずかしくない自分でいたいと思う。
[PR]
by ayusham | 2016-11-21 23:27 | 仕事のこと | Comments(4)

近頃私たちは

子供たちはすっかり大きくなって、私が望む通りでなく、自分たちの思う方向に伸びていっている。
あどけなさはもう消えてしまったけど、私はなんだかほっとしている。
100%おかあさんでいることは、責任が重かったし、先も見えなくてちょっと辛かった。

今の私は母としてはは突っ込みどころだらけだけど、娘にも「子供を持ったら私を思い出してね。完璧を求めたら駄目よ。こうして笑って過ごせたらいいのよ。」と言っている。

数年前から、好きだった教育の仕事に戻ることができた。
伸びていく若い人をサポートする仕事は、やりがいがある。

しばらく電車とバスを乗り継いで近郊の高校に教えに行っていたけれど、夫の母校の大学に欠員が出て、非常勤の職を得た。

既に中で働いている先輩からのアドバイスが有難かった。そのことはまた日記に書くつもりだが、彼女に直接恩返しすることは私の力では難しいし、きっと彼女もそんなことは少しも期待しておらず、むしろ忘れているだろう。私がこれから勉強して学生達に返していくしかないと思っている。

覚えることが沢山ある。勉強しなくちゃいけないことがあるということ、成長できるということは長い間それが見つからなかった私には希望が射す。観光地のこの街で、観光の仕事はどこかしっくりこないことを肌で感じていた。

小さいハードルはいくつもあって、若い人が飛び越えやすいように環境を整える。
うまく飛び越せなかったら、それは私の課題だ。
ひとつひとつを財産にしていく。
[PR]
by ayusham | 2016-11-14 07:05 | 仕事のこと | Comments(4)