極東映画祭2017その3



「昼顔」☆☆☆
ドラマを観たから映画はいいか、と思っていたが映画はドラマの続編で、秘密の逢瀬の別れから3年後の二人。「初対面じゃあるまいし、上映開始1時間10分過ぎてやっとチューか!」とイタリア人達はツッコミを入れていた。会場の上戸彩さんは妖精のように可愛かった。



「SCOOP!」☆☆☆☆
ベテランパパラッチ(福山雅治)と新人パパラッチの笑いあり涙ありのアクションラブストーリー。文春砲が撃たれるまでのストーリーが面白い。リリー・フランキーさんが本物の麻薬常習者に見えた。福山さんの下ネタが観客にうけていた。



「ぼくのおじさん」☆☆
山下監督の最新作。原作は北杜夫の児童文学。う~む、有名になってしまうと業界からの縛りが出てきて、監督のの感性だけで作品を作るのは難しくなってしまうのか。しかしイタリアでは会場に監督と出演者、作品に子役と猫が出で来ると観客の反応がよくなる。



「Seclusion」☆
フィリピンの宗教ホラー。深夜上映だったのでみんな代わる代わる寝落ちしてしまったが、教会の悪魔少女が神父達に悪魔の洗礼をして、村中が悪魔化したらしい。私が観た時は聖母像や登場人物がみな口から真っ黒な液体を吐き出していた。日本人にとっての髪が伸びる菊人形とかそんな怖さかもしれない。



「PとJK」☆
少女漫画を実社化。警察官と女子高生のラブストーリー。観客席から退出者続出で拍手もなかった。こういう作品を海外の映画祭に持ってくるのはどうなのか。フリッパーズギターと脇役の江口のりこさんはよかったけれども。
[PR]
# by ayusham | 2017-04-27 22:47 | 本・シネマ | Comments(0)

極東映画祭2017その2



「豬太狼的夏天 Mr Zhu's Summer」☆☆☆
中国の小学校の金八先生。熱血先生を救うために子供達の頑張りが可愛い。国家体制の違う隣国がぐっと身近に感じた。分かりやすい普通語での小学校授業風景もあり、中国語学習者にはお勧め。



「解氷 Bluebeard」☆☆
韓国のシリアルキラー作品。二つの異なる現実が並行して進行していく。上映後、友人達と誰が犯人でどういう流れだったかまとめてみたが、すっきりしない部分が多くう~ん、これは観なければよかった。



「オーバー・フェンス」☆☆☆☆
山下敦弘監督作品。函館の職業訓練校に通う人達とその家族を取り巻く物語。どこにでもいそうな隣人の、どこにでもありそうなストーリーが一番面白い。「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」が好きな人はこの作品も楽しめるだろう。山下監督は今回3作品出しているので、期待が高まった。

f0215198_199381.png

「リアリズムの宿」☆☆☆☆☆
山下監督24歳の時の作品。成り行きで出会ってしまった男女3人のアテのないロード・ムービー。正体不明の女子高生役を演じたのは尾野真千子。
星五つのB級映画。こんな作品がイタリアの古都で上映されるなんて感無量である!
[PR]
# by ayusham | 2017-04-26 18:39 | 本・シネマ | Comments(0)

極東映画祭2017その1

今年もウーディネ極東映画祭!
こちらの人と一緒に、これだけアジアの大衆映画を楽しめる機会はありません。



「裏切りの街」☆☆☆☆
パートナーを裏切ったと思ったら裏切られていた、だから、まあ...いいか、いいのか?
日本人特有の間を読むコミュニケーションがよく描かれていた。
出張中のパートナーを持つ友人達と、上映後「知らないでいた方がいい事実もある」と言い笑う。



「聖の青春」☆☆☆☆
29歳で早逝した棋士、村山聖の生涯を描いたノンフィクション。
トークショーに松山ケンイチ。役作りの為に20㎏増量。彼のストイックな役作りに感銘を受けた。



「彼らが本気で編む時は」☆☆☆☆
LGBTの家族や隣人をテーマにした作品。若い人達と一緒に観たい映画だ。
(今の時代、日本でLGBTの人がこんなにも「分かりやすく」いじめや差別に遭っているかなとも思うが、それくらい今まで扱われてこなかったテーマだと考えれば評価されるべきだろう。)



「六弄咖啡館 At Cafe 6」☆☆☆
台湾青春ドラマ。台湾人俳優の林柏宏が格好よくてきゅんきゅん!これから彼はビッグになるに違いない。
個人的には、台湾ドラマにも中国の普通語が入ってきてるのが勿体ないなと感じた。
[PR]
# by ayusham | 2017-04-25 00:23 | 本・シネマ | Comments(0)

ムラノ島ガラスミュージアム

フェイスブックの「XX年前の今日」という機能で、偶然にも2年前の今日もムラノ島ガラスミュージアムに来ていたことが分かった。

学生時代バイトさせてもらっていたギャラリーのオーナーに挨拶をしてから、いざガラスミュージアムへ。

ムラノガラスの製作過程を説明する部屋が新しくできていて、現代ガラス作品は新しくなっていた。

f0215198_21094151.jpg

f0215198_21113050.jpg

学芸員さんが日本人作家の作品もあるわよ、と案内してくれた。
ミシマ・リツエ 作
f0215198_21124837.jpg
ヨシダ・キミコ 作
f0215198_21151514.jpg
桜、うつくしい
この作品は帰宅してからもずっと私の心に残って、泣きそうだ
f0215198_21163705.jpg
庭へ出てみる。
f0215198_21172736.jpg
シェスタする海月...(作品名を考えてみるなど)
f0215198_21175954.jpg

歴史的建造物とモダンアート、有機物と無機物、西の世界と東の世界の組み合わせがヴェネツィアらしい空間であった。



[PR]
# by ayusham | 2017-04-17 20:59 | 日々のこと | Comments(2)

イースターバニー

f0215198_06105442.jpg

イースターバニーは異教徒の私にもちゃんと春を連れて来た
連れて来なかったら丸焼きにして食うつもりだった
去年のイースターはある問題に本当に悩んでいたが
バスに揺られながら、去年からしっかりと一年が過ぎたことを実感した


[PR]
# by ayusham | 2017-04-13 06:02 | 日々のこと | Comments(0)