ことばの忍術経典

中国語中級クラスに通っている。
中国語学習の楽しさをしつこく説いていたら、友人のアレッサンドラも私に押されて昨年の秋から初級クラスに通い始めた。

昨夜はアレッサンドラ、彼女と同じく初級コースに通う仲間たちと王老師を囲んでホームパーティをした。
f0215198_18111808.jpg
初級クラスの一人が、中国語の発音が難し過ぎるという話を始めた。
「そもそも子音が21もあって覚えられないよ。」
「あら、それならイタリア語は30以上あるから、イタリア語の方が難しいということになるわ。」
「いや、声調があるから単純計算でも4倍になるんだよ。もう聞き取れやしないよ。」

そこで私自身も何年経ってもイタリア語のBとVを完全に聞き取れないことを話した。
「でもおかしいな、君は完全にBとVを区別して話しているじゃないか。」
「それは私がその単語を知っているから、意識して発音できるだけ。知らない単語は区別して発音できないし、聞き取りもできないよ。」
「そうか、それなら君の知らないであろう単語で本当に区別できないか試してみようじゃないか。」

そう言って友人は、分厚い医学用語辞典を取り出して、その中から難解な単語を拾い出した。
「Bxxxx、 Vxxxx、さあどっちだい?」
と聞いてきた。
「残念ながら、唇の動きを見て区別出来てしまうよ。」

彼は腕組をして少し考えた後、くるっと私に背中を向けて
「Bxxxx、 Vxxxx、さあどっちだい?」
と聞いてきた。
「残念ながら、閉鎖音と摩擦音の長さで区別できてしまうよ。扉をバタンと閉めるより、床を引きずりながら閉めると時間がかかるでしょう。」

友人は今度はううむ、と唸って携帯アプリでメトロノームのアップテンポを設定し、私に背中を向けてラップ調で
「Bxxxx! Vxxxx! Byyyy! Vyyyy! Bzzzz! Vzzzz! さあ!どっちだい?」
と詰め寄ってきたので、
「それじゃあ私達イタリア人だって分からないわよ!大体それ、どこの国の言語なのよ!」
とみんなでお腹を抱えて笑った。

私達がたどり着いた結論として、母語話者でない者の多くは、完全に聞き取れない音はいつまでも存在し続ける。それを補う為に、知らない間に様々な術を身に付けているということだ。

正しい型を自分に与え続けると同時に、忍術経典も更新していくのが大事なのである。

[PR]
# by ayusham | 2017-04-02 17:27 | 日々のこと | Comments(0)

今年も塩釜桜

今日からサマータイム。
昨年の311にキオッジャ市で植樹された桜を見に行く。

キオッジャへはバス、そのバスごとカーフェリー、そして水上バスを乗り継いで行く。

f0215198_22025128.jpg

f0215198_22054055.jpg

f0215198_22070244.jpg

八重桜満開。

f0215198_22101466.jpg
こちらは葉桜へ。
f0215198_22140053.jpg

天気予報は怪しかったけど、晴れ間のうちにお花見ができてよかった。故郷の桜はほんとにいいものだ。港のレストランでお腹いっぱい食べた。

[PR]
# by ayusham | 2017-03-26 21:50 | 日々のこと | Comments(0)

Quanta vita c'è

ジムでトレーニングしていたら、ラジオから懐かしい曲が流れてきた。



夫が日本での留学を終えてヴェネツィアに戻った年、の翌年だから1998年の曲だ。ヴェネツィアの実家から送ってくれたMDの中に、この曲も入っていた。
当時私達はまだ学生だった。
イタリア語を始めたばかりで歌詞は殆ど分からなかったけれど、サビの部分は簡単だったし、遠距離で寂しかった私はソニーのMDウォークマンでこの曲を聞き、メロディを口ずさんだ。
Quanta vita c'è.. quanta vita insieme a te

ジムから帰宅して、夫にその曲の話をした。
「ねえ、あなたならこのサビを日本語にどう訳す?沢山の人生...人生いろいろ、君と過ごせばってとこかなあ?」
と聞いたら、
「え、違うよ。このQuantaは数量詞じゃなくて感嘆詞だよ。なんて意味のある人生なんだ、君と過ごす日々はってとこでしょう。」
きょとんとした顔で夫は答えた。

なんとまあ!私はずっと「うさぎ美味しい蚊の山」状態でこの曲を口ずさんでいたのだった。

この件があったからという訳ではないのだが、私はようやく重い腰を上げてイタリア語を勉強することにした。

日々の生活の中で、学生に説明する時、アンとたわいもない話をする時、もっと的確な言葉出て来たらいいのにともどかしく思う瞬間が度々ある。
それはテニスのバックハンドみたいなものだ。練習してないんだから打てないに決まっている。楽なフォアで打てるように駆け回り、脚力ばかり発達させてしまった。

何冊か買った語学書は捨ててしまったけれど、初めて買った白水社の文法書は、今でも時折開くことがある。遠過去の部分は、住む予定だったヴェネツィアでは使われないと聞いていたので、dopo!(後で!)と書いて勉強しないままにしていた。あれから20年の月日が流れて、そのページをめくる。
[PR]
# by ayusham | 2017-03-04 07:52 | 日々のこと | Comments(0)

Pisces vale!

ヴェネツィアはカルネヴァーレの真っ最中!ヴェネツィア人が一番働く時だ。そりゃあもう一年分働く。

今週は仕事前ジムへ行った。その方が疲れ知らずで働けることに気付いてびっくりだ。

今日はひとまず、友達のレストランでお疲れ様ごはん。ここはとっておきの美味しいレストランのひとつ。

f0215198_01322813.jpg


f0215198_01333906.jpg


f0215198_01354467.jpg


Carne vale, et pisces vale!
Edo, ergo sum.
肉よさらば 魚よさらば!
我食べる、故に我あり。

[PR]
# by ayusham | 2017-02-26 04:58 | 日々のこと | Comments(0)

懐かしい場所

冷たい雨の中とぼとぼとミゼリコルディアを歩いていたら、アート・ギャラリーのウィンドウに一点、児童画が混じっているのを見つけた。
それは鉛筆描かれたワニで、白木の枠に丁寧に、可愛らしく収められていた。
ちょっと足を止めて、通り過ぎて、やっぱりなんだか気になって戻ったら、中にいるアジア人男性においでおいでと手招きされた。

アジア人男性が日本で生まれ育った方でないことは、その開放的な感じのよさと真っ直ぐな笑顔からすぐに分かった。
彼は日系ブラジル人2世で、1989年からずっとヴェネツィアで絵描きとして暮らしているという。児童画は彼のお子さんの絵だそうだ。
スタジオCODEX
彼の絵を見ていると、肉体から離れた自分の魂がヴェネツィアの街を漂って、故郷に帰ってくるような懐かしい感覚になる。児童画のワニもシンプルな線画なのになんだか見ていると自分がどこにいるのか分からなくなって、だから引き寄せられてしまったのだ。


「あなたは、キシさん。」
「ハイ、コウカキマス。(貴...)」
「ああ、この漢字は。関西の方ですね。」
「ハイ、コウカキマス。(貴志...)」
「大阪?いや、貴志川だから、和歌山?」
「ハイ、ワカヤマ!」
キシさんはありがとう、と言うようににっこり笑った。和歌山県は彼のお父さんの故郷だそうだ。
カンだけど多分、彼自身は一度も日本に行ったことがない。そのきっと行ったことのない、きっと大好きだったお父さんの故郷を、全く彼の情報を知らない他人がきちんと言い当ててくれたことに満足したようだった。
「お父さん、和歌山」
「ハイ、オトウサン、ワカヤマ」
私とキシさんは何度も繰り返して頷き合った。共通の感情は時に言語を越えていく。



昔、某歴史資料館に傘を忘れた。
受付で自分の名前を紙に書いて伝えたら、館長さんが出てきて(占い師ではない)「あなたのご先祖様は1500年前の大陸からの渡来人でしょう。」と言われた。
ここヴェネツィアでも、歴史学の先生から同じように指摘された。私の先祖は大陸の食器職人である可能性が高い。

多くの日本人は私の名字が読めない。書き方を口頭で伝えても伝わりにくいことが多い。
しかし、中国人に彼らの音で伝えると、一度で伝わる。
行ったことのない場所を懐かしいと言うのは変だけど、魂がふわっと、キシさんの絵のように視点を変える瞬間だ。
[PR]
# by ayusham | 2017-02-15 02:18 | Comments(2)